アカデミー賞作品賞・脚色賞・助演男優賞

ムーンライト TOP 編集

世界が震えた感動作!いよいよ日本公開!

受賞歴

自分の居場所を探し求める主人公の姿を、色彩豊かで革新的な映像美と情緒的な音楽と共に3時代で綴ったこの物語は、北米で大ヒットを記録し、そして第89回アカデミー賞では8部門ノミネートされ、作品賞・脚色賞・助演男優賞(マハーシャラ・アリ)の3部門受賞。セクシャルマイノリティのラブストーリーとして作品賞を受賞したのはアカデミー賞史上初のことであり、また、キャスト・監督が全員黒人の映画が作品賞に輝いたのもこれが初という、まさに歴史に残る快挙となった。なぜ『ムーンライト』が世界中を魅了しているのか―。それは、人種、年齢、セクシャリティを越えた普遍的な感情が描かれているからだ。どうにもならない日常、胸を締め付ける痛み、初恋のような切なさ、いつまでも心に残る後悔…思いもよらない再会により、秘めた想いを抱え生きてきたシャロンの暗闇に光がさしたとき、私たちの心は大きく揺さぶられ、深い感動と余韻に包まれる。

画1

STORY

あまりに純粋すぎる想いに、世界中が瞬く間に虜になった。

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校ではいじめっ子たちから標的にされる日々。自分の居場所を失くしたシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だった。 高校生になっても何も変わらない日常の中で、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初めてお互いの心に触れることに…

画

コメント2