【12.11(月)更新】1日限りの上映!12/22(金)『スターシップ9』

スターシップ9 TOP

日時

12/22(金)1日限りの特別上映

19:05(終20:49)

 

料金

当日料金1800円/学生1400円/シニア・高校生以下1000円

※1回限りの上映ですので、招待券・パス券はご利用いただけません。

 

人類を、救うために、二人は選ばれた

エレナはまだ見ぬ未知の星を目指して一人恒星間飛行を続けている。汚染により死にゆく地球の代わりを見つけるための旅だった。ある日故障したスターシップを訪れた男。彼こそが、エレナが初めて接触する運命の人だった―。

1

スペインの注目すべき若手監督 アテム・クライチェによる長編デビュー作、本格SF映画。

『スターシップ9』公式サイト⇒http://starship9.jp/

◆  ◇  ◆

マザーファッカー TOP

日時

12/29(金)1日限りの特別上映

※夜の時間帯で調整中。詳しい上映時間は12/19(火)に決まります。

 

料金

当日料金1800円/学生1400円/シニア・高校生以下1000円

※1回限りの上映ですので、招待券・パス券はご利用いただけません。

 

Less Than TVってなんだよ!?

25年の間、ある意味で正体不明、謎の音楽レーベルであり続ける集団がいる。1992年、とにかく面白い事を探していた北海道出身でGOD’S GUTSの“谷口順”を代表にU.G MANのU.G KAWANAMI、DMBQの増子真二を中心とした仲間たちがノリと勢いで情熱でアメリカのBLACK FLAGのレーベルSSTやShimmy Discなどに憧れの立ち上げた世界的に見ても奇妙奇天烈な音楽レーベル、それが“Less Than TV”だ。

マザーファッカー

監督は本作が長編デビュー作となる大石規湖。

「Less Than TVを多くの人に知ってほしい」という監督のこれ以上ない純粋な思いは、北海道から九州まで1年間にわたる密着取材でレーベルの“今”と魅力を綴りながら〈被写体とカメラの一定の距離感〉というドキュメンタリー映画の一種の概念を崩壊させ、突き抜けんばかりの勢いで被写体と同化し、カメラは内から外へ、外から内へモッシュピットを回遊するようにLess Than TVそのものへなっていく。

『MOTHER FUCKER』公式サイト⇒http://mf-p.net/

 

◆  ◇  ◆

 

次回予告

◆【vol.26】 12/22(金) 『スターシップ9』

◆【vol.27】 12/29(金) 『MOTHER FUCKER』 

 

 

◆  ◇  ◆

【KINOフライデー・シネマ】が始まりました!

今東京では、劇場公開作品だけでも一年間に1200本以上もの映画が公開されています。

札幌では、一年に550~600本近く公開されますが、それと同じぐらいの作品が未公開のままになっています。シアターキノは優れた作品を少しでも多く上映しようと努力していますが、2スクリーンで、一年に約180本平均の作品が精いっぱいの状況でもあります。

しかし、それでも可能性を秘めた若い作家や、意欲あるドキュメンタリーやアニメーション、また優れた旧作のリバイバル上映など、少しでも札幌で上映して、見ていただきたい作品は、まだまだたくさんあります。

そこで、シアターキノでは、金曜日の夜に一回だけでも、このような作品を見ていただく機会としての<フライデーシネマ>を開設することにいたしました。毎週というわけではありませんが、できるだけ多様な作品を選んで、「金曜日の夜は、シアターキノで映画を観よう!」を合言葉になるように、頑張りたいと思います。

どうぞ、映画ファンの皆さまのご来場をお待ちしております。

◇  ◆  ◇

<2016年>

◆【vol.1】 10/28(金) 『明日の世界ドン・ハーツフェルト作品集』

◆【vol.2】 11/11(金) 『ケンとカズ』

◆【vol.3】 12/2(金) 『ストロボライト』

<2017年>

◆【vol.4】 2/3(金) 『神聖なる一族 24人の娘たち』

_★2/13(月) 『神聖なる一族 24人の娘たち』アンコール上映!

◆【vol.5】 2/17(金) 『母の残像』

◆【vol.6】 3/3(金) 『灼熱』

◆【vol.7】 3/17(金) 『幸福は日々の中に。』

_★3/30(木) 『幸福は日々の中に。』アンコール上映!

◆【vol.8】 3/31(金) 『クワイ河に虹をかけた男』

◆【vol.9】 4/14(金)  『すべての政府は嘘をつく』

◆【vol.10】 4/21(金) 『彷徨える河』上映&10回記念!馬場香織さん解説トーク

◆【vol.11】 5/26(金) 『イエスタデイ』

◆【vol.12】 6/9(金) 『ストーンウォール』

◆【vol.13】 6/16(金) 『アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発』

◆【vol.14】 6/30(金) 『人類遺産』

◆【vol.15】 7/14(金) 『なりゆきな魂』

◆【vol.16】 7/28(金) 『トトとふたりの姉』

◆【vol.17】 9/8(金) 『抗い 記録作家林えいだい』

◆【vol.18】 9/15(金) 『アムール 愛の法廷』

◆【vol.19】 9/22(金) 『息の跡』 *札幌国際芸術祭2017連携企画

◆【vol.20】 9/29(金) 『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』 *札幌国際芸術祭2017連携企画

◆【vol.21】 10/6(金) 『まるでいつもの夜みたいに 高田渡  東京ラストライブ』

◆【vol.22】 10/13(金) 『裁き』

◆【vol.23】 11/10(金) 『ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー』

◆【vol.24】 12/1(金) 『草原に黄色い花を見つける』

◆【vol.25】 12/8(金) 『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』

◆【vol.26】 12/22(金) 『スターシップ9』

◆【vol.27】 12/29(金) 『MOTHER FUCKER』