1日限りの上映!6/30(金)『人類遺産』

人類遺産 TOP

日時

6/30(金)1日限りの特別上映

18:00~(終19:40)

料金

当日料金1800円/学生1400円/シニア・高校生以下1000円

人類遺産TOP2

放置され、朽ちゆく人口建造物の風景からは、人々が去った後もなお、不思議な息吹が感じられる。“彼ら”が私たちに伝えようとしているメッセージとは何か?いま、時空を超えた世界70ヶ所以上の廃墟、“人類遺産”との対話が始まる―。

■『人類遺産』公式サイト http://jinruiisan.espace-sarou.com/

 

◆  ◇  ◆

なりゆきな魂 TOP

日時

7/14(金)1日限りの特別上映

※夜の時間帯で調整中。 上映時間は7/4(火)に決まります。

料金

当日料金1800円/学生1400円/シニア・高校生以下1000円

なりゆきTOP2

原作は孤高の漫画家・つげ忠男 × 『ヘブンズストーリー』『64-ロクヨン-』の瀬々敬久監督が脚本・監督、キャストは 佐野史郎 × 足立正生 × 柄本明、プロデュースはワイズ出版…ときたら、もう誰にも止められない。

破滅に向かって走りつづけるしかない!

■『なりゆきな魂、』公式サイト https://nariyukinatamashii.com/

◆  ◇  ◆

トト TOP

日時

7/28(金)1日限りの特別上映

※夜の時間帯で調整中。 上映時間は7/18(火)に決まります。

料金

当日料金1800円/学生1400円/シニア・高校生以下1000円

 

totoTOP2

10歳のトトとふたりの姉は、スラムを抜け出し、未来へと走り出す-。ルーマニア発の奇跡のドキュメンタリー。

■『トトとふたりの姉』公式サイト http://www.totosisters.com/

 

◆  ◇  ◆

【KINOフライデー・シネマ】が始まりました!

今東京では、劇場公開作品だけでも一年間に1200本以上もの映画が公開されています。

札幌では、一年に550~600本近く公開されますが、それと同じぐらいの作品が未公開のままになっています。シアターキノは優れた作品を少しでも多く上映しようと努力していますが、2スクリーンで、一年に約180本平均の作品が精いっぱいの状況でもあります。

しかし、それでも可能性を秘めた若い作家や、意欲あるドキュメンタリーやアニメーション、また優れた旧作のリバイバル上映など、少しでも札幌で上映して、見ていただきたい作品は、まだまだたくさんあります。

そこで、シアターキノでは、金曜日の夜に一回だけでも、このような作品を見ていただく機会としての<フライデーシネマ>を開設することにいたしました。毎週というわけではありませんが、できるだけ多様な作品を選んで、「金曜日の夜は、シアターキノで映画を観よう!」を合言葉になるように、頑張りたいと思います。

どうぞ、映画ファンの皆さまのご来場をお待ちしております。

◇  ◆  ◇

<2016年>

◆【vol.1】 10/28(金) 『明日の世界ドン・ハーツフェルト作品集』

◆【vol.2】 11/11(金) 『ケンとカズ』

◆【vol.3】 12/2(金) 『ストロボライト』

<2017年>

◆【vol.4】 2/3(金) 『神聖なる一族 24人の娘たち』

_★2/13(月) 『神聖なる一族 24人の娘たち』アンコール上映!

◆【vol.5】 2/17(金) 『母の残像』

◆【vol.6】 3/3(金) 『灼熱』

◆【vol.7】 3/17(金) 『幸福は日々の中に。』

_★3/30(木) 『幸福は日々の中に。』アンコール上映!

◆【vol.8】 3/31(金) 『クワイ河に虹をかけた男』

◆【vol.9】 4/14(金)  『すべての政府は嘘をつく』

◆【vol.10】 4/21(金) 『彷徨える河』上映&10回記念!馬場香織さん解説トーク

◆【vol.11】 5/26(金) 『イエスタデイ』

◆【vol.12】 6/9(金) 『ストーンウォール』

◆【vol.13】 6/16(金) 『アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発』

◆【vol.14】 6/30(金) 『人類遺産』

◆【vol.15】 7/14(金) 『なりゆきな魂』

◆【vol.16】 7/28(金) 『トトとふたりの姉』