【11.27(月)更新】1/19(金)代島治彦監督トーク決定!

三里塚のイカロス TOP

日時

1/19(金)

※1/19(金)の上映時間は1/9(火)に決まります。夜の時間帯で調整中。

 

ゲスト

代島治彦監督

 

料金

料金は通常料金ですが、パス券・招待券はご利用いただけません。

 

成田、三里塚で農民とともに闘った若者たちがいた

誰にも語らなかった“あの時代”と“その後の50年”

画1

サンリヅカって何ですか?

“あの時代”って何だったんですか?

ある日突然、この土地に空港を作るから出て行きなさいと言われた農民たちの闘い。それが日本で最大の、そして最後の国家権力に対する抵抗運動、成田空港建設反対闘争だ。成田市三里塚の農村地帯に巨大空港を作ることを決定した政府による暴力的な土地収奪に、農民たちは抵抗運動を開始した。そこに、若者たちが集まった。農民たちの抵抗を支持し、三里塚を革命のための拠点とし、すべては変えられると信じていた若者たちが。あれから50年。

画2

代島治彦監督

映画作家プロデューサー。
1958年埼玉県生まれ。早稲田大学政経学部卒。1994年9月から2003年4月までミニシアターBOX東中野を経営。多数の映画テレビ番組を製作演出。2007年より映画美学校講師を務める。映画作品に劇映画パイナップルツアーズ1992年 / 製作まなざしの旅 土本典昭と大津幸四郎2010年 / 監督編集オロ2012年 / 製作編集など。映像作品に日本のアウトサイダーアート全10巻紀伊國屋書店などがある。製作監督編集を担当した長編ドキュメンタリ−映画三里塚に生きる大津幸四郎と共同監督を2014年に公開した。編著書としては森達也の夜の映画学校現代書館ミニシアター巡礼大月書店がある。2017年4月から音楽ドキュメンタリーまるでいつもの夜みたいに〜高田渡 東京ラストライブ〜を公開中。 

1/19(金)⇒21(木) 1日1回上映

(1/20(土)~の上映時間は1/16(火)に決まります)

●当日料金1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円

■『三里塚のイカロス』公式サイト⇒http://www.moviola.jp/sanrizuka_icarus/