12/22(土)『私は、マリア・カラス』公開記念トーク!

大嶋 恵人(おおしま しげと)

北海道教育大学、東京藝術大学声楽科卒業。芸大バッハカンタータクラブに所属し小林道夫氏の指導のもと約40曲のカンタータを演奏。北海道二期会のオペラに出演し、プロデュース、指揮を手がける。合唱指導者として「四季」(ハイドン)、「第9交響曲」(ベートーヴェン)、「惑星」(ホルスト) 、「復活」(マーラー)、「ピーター・グライムズ」(ブリテン)、「カルミナ・ブラーナ」(オルフ)、「ミサ・ソレムニス」(ベートヴェン)などを担当。札幌文化奨励賞受賞。札幌合唱連盟副理事長、全日本合唱連盟北海道支部事務局長。北海道大学混声合唱団ヴォイストレーナー。札響合唱団指導者。バッハ・コンチェルティーノ札幌指揮者。札幌音楽家協議会会員。

 

古家 昌伸(こいえ まさのぶ)

1961年秋田県大館市生まれ。新潟大を卒業後、本州の会社勤務を経て札幌へ。89年、北海道新聞入社。通算14年4カ月の文化部勤務で、クラシック音楽、美術、文芸などを担当。現在は編集委員。2005年3月から11年3月まで音楽雑誌「季刊ゴーシュ」編集委員。