ゴールデングローブ賞に続き、アカデミー賞 助演女優賞(レジーナ・キング)受賞!

前作『ムーンライト』でアカデミー賞作品賞に輝いたバリー・ジェンキンス監督の最新作『ビール・ストリートの恋人たち』では、主人公の恋人たちを見守る母親のやさしさとつよさで熱演したレジーナ・キングが見事助演女優賞に輝きました。

ジャズの流れる中、おずおずと互いを慈しみながら身をまかせて行く若い恋人たちの姿が息を呑むほど美しい。ジェンキンス監督は、前作に続き、ハードでアンフェアな人生の中にも確実に存在する、きらめくかけがえのない宝物たちを見せてくれた。

山田詠美(作家)