ご存知のように、樹木希林さんがお亡くなりになりました。とても残念ですが、希林さんのためにも「万引き家族」の上映は続けてまいります。

ご存知のように、樹木希林さんがお亡くなりになりました。とても残念ですが、希林さんのためにも「万引き家族」の上映は続けてまいります。日本映画界で、もっとも必要とされている役者であったことは間違いないと思います。心よりご冥福をお祈りしますとともに、是枝監督の言葉を転載させていただきます。希林さん、ありがとうございました。

「監督と役者という関係を超えて、とても濃密な、楽しい時間を共有させていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

今年の3月にがんの骨への転移を知らされたのですが、言葉を失うスタッフを逆に気遣いながら本人は終活に入られたようでした。

映画祭や公開初日の舞台挨拶では、ご自身の中に残ったエネルギーと冷静に向き合い、コントロールされながら、役者の仕事を全うされようとしているその姿勢に頭が下がりました。

身体が弱ってからも、初めての体験を面白がっているようなところがあり、すごみと軽やかさの同居した姿は神々しくさえありました。最後の瞬間まで、本当に見事な、いかにも希林さんらしい人生の締めくくり方をされたと思います」是枝裕和。(北海道新聞9月18日朝刊より)

万引き家族 TOP

 おまたせいたしました。只今、札幌シネマフロンティアとユナイテッドシネマ札幌で上映中の『万引き家族』ですが、7/21(土)~シアターキノでも上映が始まります。

 シアターキノ25年間の上映作品でお客様投票ベスト1『誰も知らない』をついに越えたと思われる『万引き家族』。是枝監督がこの10年くらい考えてきたこと全てをこの作品に込めようとした覚悟と、真骨頂をシアターキノでも是非ごらん下さい。