毎日映画コンクールで、大賞・女優主演賞など5部門受賞!

 

「きみの鳥はうたえる」の三宅唱監督の最新作「ケイコ 目を澄ませて」は

聴覚障害のあるプロボクサー小笠原恵子さんの自伝を原案に

彼女の生き方に着想を得て映画化されました。

耳が聞こえないプロボクサー、ケイコ(岸井ゆきの)が孤独や葛藤と闘いながら

等身大の一人の女性として歩もうとするその一歩を描いています。

 

16ミリフィルムから溢れ出す街を漂う匂い

降り注ぐ光の粒、ケイコの心のざわめき

軋む音が聞こえてくる

 

16mmフィルムが切り取る、

光、音、小さな瞬間。瞬きを許さない。

―Variety

 

岸井ゆきのは、間違いなく天才!

ボクシングは練習の積み重ね。

地味な努力を継続する才能が必要。

岸井さんが、ケイコさんが積み重ねた、その日々に泣いた。

静かな世界が、こんなに熱く、美しいなんて。間違いなく傑作!

―𠮷田恵輔(映画監督)

 

光と闇と運動を求める三宅唱の歩みは留まるところを知らず、

この国ではもはや他の追随を許していない(が、何とかついていきたい)。

『ケイコ 目を澄ませて』は流れる時間を柔らかにフィルムへと定着させた傑作だ。

岸井ゆきのの瞳の輝きと、手と腕の動きとともに渦を巻くような粒子の蠢きを存分に

感じるには大画面で見る以外の選択肢はない。

―濱口竜介(映画監督)