【時間決定】2/4(土)上映後、監督ゲストトーク&小さなライブ

四国山脈に囲まれた高知県、四万十川のほとりに暮らす一家の人々。

祖父の住む家で余命を送る決意をした母、それに寄り添う息子ノロ。

嘘が真で闊歩する現世を憂うノロマなノロは、

近づく母の死を受け入れられず徘徊している――。

 

土地に刻まれた時間の痕跡と、幽かな生と確かな死。
これは若くして両親を亡くし、高知県で祖父と暮らす監督自身の現在を半ば投影した、
親子3代にわたる時間と、その時間の境界線を飛び越えた触れ合いの、
そしてそれでも触れることのできない残酷な距離の物語である。

監督・脚本を務めているのは、Bialystocksとして音楽活動もしている甫木元 空。

 

公式HP⇒https://www.hadakanoyume.com/#