シアターキノ32周年記念第1弾!3/22(金)『福田村事件』上映&中川五郎さんライブ

3/22(金)予定時間

18:30~「福田村事件」上映

21:00~22:10ライブ(終了後サイン会)

音響

永田塁

料金

4500円(キノ会員 4200円)

63席限定チケットは2/23(金・祝)~キノ受付にて発売開始。

「福田村事件」が作られるきっかけとなったのが、中川五郎さんの歌「1923年福田村の虐殺」でした。脚本の荒井晴彦さんや井上淳一さんが、映画イベントで長野県に出かけた時に、車中でイベント主催者がかけた五郎さんのCDの中に、この歌があったのです。荒井さんたちは、これを聞いて知った限り映画にしなくてはと動き始め、ずっと以前よりこの事件のことを調べていた森達也さんと一緒に作ろうということになり、「福田村事件」チームが結成されたのでした。昨年の大ヒット、シアターキノのお客様ベストテン投票でも大差でベスト1に選ばれ、さらに3月に発表される日本アカデミー賞にもノミネートされるなど、日本映画の最も重要な作品の一本になった本作を、そのきっかけとなった中川五郎さんの歌と一緒にもう一度観ようとの思いで、32周年記念の第一弾として企画しました。

 五郎さんも久しぶりの北海道でのライブですので、たくさん歌ってほしく、70分程度のライブにもなります。

中川五郎さんからのメッセージ

森達也さんの文章を読んで「福田村事件」のことを知り、多くの人に知られていないこのできごとを歌にしてみんなに伝えたいと思いました。ぼくらの国が加害や負の歴史から目を背け、まるでなかったことのようにしようとし、いいところばかりに目を向けさせようとしているうち、国も人々もおかしなことになってきていることが恐ろしいからです。無関心と無気力がはびこり、同調圧力が高まり、過去におかしたあやまちをまた繰り返し、それがエスカレートしている、その流れを何としても変えたくて歌っています。

歌い始めて56年、これまで何をやったのかにこだわることなく、今何が歌いたいか、これから何を歌いたいか、そんな思いや姿勢が伝わるライブにしたいので、ぜひ聞きに来てください。

『福田村事件』アンコール上映!

3/16(土)⇒21(木)決定