【時間決定】6/22(土)『ゲバルトの杜』代島監督来館決定!

 

1972年11月8日、早稲田大学キャンパスで一人の若者が殺された。

早大を支配する新左翼党派による凄惨なリンチが死因だった。

学生運動終焉期にエスカレートした”内ゲバの嵐“その死者は100人を超える。

なぜこのような理解不能の不条理が起きたのか、

内田樹、池上彰、佐藤優と当事者たちが”あの時代“を語り、鴻上尚史が映画内短編を演出し、悔恨と鎮魂を刻印していく。

そして、代島監督はなぜ、このような凄惨な事件を捉えなおそうとしたのか、

上映初日の6/22(土)の上映終了後に代島監督に語っていただこうと思います。