■ロンドン、人生はじめます (2017/イギリス/102分)

監督/ジョエル・ホプキンス
出演/ダイアン・キートン、ブレンダン・グリーソン、ジェームス・ノートン ほか

夫亡き後発覚した浮気や借金のこと、減っていく蓄えのこと、上辺ばかりのご近所づきあいなど様々な問題から逃げいているエミリー。ある日、屋根裏部屋から双眼鏡で外を眺めていると自然に囲まれた小さな家で暮らすドナルドを見つける。庭でのディナー、気ままな読書。森でのピクニック…余計なモノを持たず手作りの暮らしで幸福なドナルド。エミリーは頑固だけど温かい彼の人柄に惹かれていく…。自分らしく生きたい、自分らしく暮らしたい、大人の幸せを描いた感動作。

4/28(土)⇒6/15(金)

4/28(土)初日、オリジナルポストカードをプレゼント! 
(先着200名様/有料でご覧の方に限ります) >>詳細
前売1500円[公開初日前日までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナル家計簿”プレゼント!(先着限定)
http://www.synca.jp/london/

■女は二度決断する (2017/ドイツ/ドイツ語/106分)
【シアターキノ26周年記念第1弾】

第75回ゴールデングローブ賞外国語映画賞受賞
第70回カンヌ国際映画祭主演女優賞(ダイアン・クルーガー)受賞

監督・脚本/ファティ・アキン
出演/ダイアン・クルーガー、デニス・モシット、ヨハネス・クリシュ、サミア・ムリエル・シャンクラン、ヌーマン・アチャル、ウルリッヒ・トゥクール

ドイツ、ハンブルク。カティヤはトルコ移民のヌーリと結婚し、息子ロッコも生まれ、幸せな家庭を築いていた。ある日、ヌーリの事務所の前で白昼に爆弾が爆発し、ヌーリとロッコが犠牲になる。外国人同士の抗争を警察は疑うが、ドイツ人による人種差別テロであることが判明する。証拠不十分、アリバイ、目撃証言無効…身をえぐられるような裁判にカティヤの心の傷は深まってゆく。ささやかな幸せが欲しかっただけ。そんな中。起きた悲劇に、生きる気力を失いそうになりながら、カティヤが下す決断とは―。

4/28(土)⇒6/15(金)まで延長決定!

前売1500円[公開初日前日までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルポストカード”プレゼント!(先着限定)
http://www.bitters.co.jp/ketsudan/

■犬ヶ島 (2018/アメリカ/101分)  

監督/ウェス・アンダーソン(『グランド・ブダペストホテル』)
声の出演/ブライアン・クランストン、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラムほか

近未来の日本。犬インフルエンザが大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。『ファンタスティックMr.FOX』のウェス・アンダーソン監督が日本への愛をこめて贈るストップモーション・アニメ最新作。


5/25(土)⇒6/29(金)まで予定

前売1500円[公開初日前日までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://www.foxmovies-jp.com/inugashima/

■ダリダ あまい囁き (2017/フランス/127分)

監督・脚本/リサ・アズエロス
出演/スヴェヴァ・アルヴィティ、リッカルド・スカマルチョ、ジャン=ポール・ルーヴ ほか

60年台フランス。ミス・エジプトに輝いた美貌とそのエキゾチックな歌声で、フランス全土に社会現象を起こし、一躍スターとなったダリダ。ゴールドディスクを受賞し、歌手としての成功を掴んだが、私生活では数々の恋愛に悩み、愛する人との幸せな家庭に憧れ続けていた―。愛に向かって生きた激しく、哀しく、美しい54年の生涯描いた物語。

5/26(土)⇒6/22(金)

前売1400円[公開初日前日までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルグラスネイルファイル”プレゼント!(先着限定)
http://dalida-movie.jp/

■マルクス・エンゲルス
 (2017/フランス・ドイツ・ベルギー合作/仏語・ドイツ語・英語/118分) 
【シアターキノ26周年記念第2弾】

監督・脚本/ラウル・ペック
出演/アウグスト・ディール、シュテファン・コナルスケ、ヴィッキー・クリーフス、オリヴィエ・グルメ

1840年代ヨーロッパ。カール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスは、パリで運命的な出逢いを果たす。マルクスとエンゲルスは何を考え、何と闘い、何を成し遂げたのか。世界中に貧困と格差が広がる今日、彼らのエネルギーが私たちに突きつけるものとは。永遠の名著『共産党宣
言』(1848)が誕生するまでの激烈な日々を描く歴史的感動作。

6/2(土)よりロードショー

当日料金1800円、学生1200円、シニア・高校生以下1000円
http://www.hark3.com/marx/

■ジェイン・ジェイコブズ -ニューヨーク都市計画革命-
(2016/アメリカ/英語/92分) 

監督/マット・ティルナー
声の出演/マリサ・トメイ、ヴィンセント・ドノフリオ

20世紀半ば、まったく新しい都市論を展開した一冊の本が、世界に大きな衝撃を与えた。「アメリカ大都市の生と死」―今や都市論のバイブルとなったこの本を描いたのはNYダウンタウンに住む主婦、ジェイン・ジェイコブズ。建築においては一介の素人に過ぎなかった彼女の武器は、天才的な洞察力と行動力。当時の貴重な記録映像や肉声を織り交ぜ、“常識の天才”ジェイコブズに迫る。都市は誰がつくり、誰のためにあるのか?わたしたちが暮らす未来を照らす建築ドキュメンタリー。

6/2(土)⇒14(木)まで延長決定!

*初日6/2(土)公開記念対談決定! 
日 時:6/2(土) 19:05(終21:10/この回予告なし)
ゲスト:
山本謙一さん(AURA ARCHITECTS(アウラ・アーキテクツ)建築家)
酒井秀治さん(SS計画代表・まちづくりプランナー) >>詳細

*初日ティーバッグをプレゼント!
(先着限定。有料でご覧の客さまに限ります。)
前売1400円[公開初日前日までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“特製オリジナルテープ”プレゼント!(先着限定)
http://janejacobs-movie.com/

■さよなら、僕のマンハッタン(2017/アメリカ/英語/88分)  

監督/マーク・ウェブ
出演/カラム・ターナー、ケイト・ベッキンセール、ピアース・ブロスナン、シンシア・ニクソン、カーシー・クレモンズ、ジェフ・ブリッジスほか

人生迷走中のトーマスが【おかしな隣人】と【父の愛人】との出会いによって見つけた“本当の自分”とは?『(500)日のサマー』『gifted ギフテッド』マーク・ウェブ監督が愛するNYの名所の数々を舞台にサイモン&ガーファンクル、ボブ・ディランらの名曲にのせて贈る、懐かしき青春物語。

6/9(土)⇒22(金)ロードショー(1日1回上映)

当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://www.longride.jp/olb-movie/

■四月の永い夢 (2017/日本/93分)
【シアターキノ26周年記念第3弾】

モスクワ国際映画祭 国際批評家連盟賞、ロシア批評家連盟特別賞W受賞

監督・脚本/中川龍太郎(『走れ、絶望に追いつかれない速さで』)
出演/朝倉あき、三浦貴大、川崎ゆり子、志賀廣太郎、高橋恵子

3年前に恋人を亡くした、27歳の滝本初海。音楽教師を辞めたままの穏やかな日常は、亡くなった彼からの手紙をきっかけに動き出す。監督・脚本は平成2年生まれの若き才能・中川龍太郎。前作『走れ、絶望に追いつかれない速さで』に続いて実体験を踏まえながら、前作とは異なる優しいまなざしで、初海の心の旅を描き出す。

6/9(土)よりロードショー

5/14(月)『四月の永い夢』先行特別上映決定!中川龍太郎監督来札! 

日時:5/14(月) 19:05(終20:55/予告なし/上映後、中川監督トーク!)
ゲスト:中川龍太郎監督
料金 :入場整理番号付前売1500円[当日1800円]
KINO会員証ご提示で1000円[当日1200円]

若手最注目監督 中川龍太郎さんご挨拶&トークがございます。
チケットは4/26(木)より発売開始!
※お席分のチケットが売切れましたら、当日券の発売はありません。
http://www.theaterkino.net/?news=news-3356


【関連特別上映】『走れ、絶望に追いつかれない速さで』

日時:5/14(月)21:05(終22:30/予告2分)
当日料金(一律)1000円
※KINO会員証ご提示でポイント1コおつけします。ビンテージ手帳もご利用いただけます。
※特別上映のため招待券パス券等はお使いいただけません。

前売1400円[公開初日前日までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“ポストカード”プレゼント!(先着限定)
http://tokyonewcinema.com/works/summer-blooms/

■おもてなし (2017/日本/96分)

監督・撮影・編集/ジェイ・チャン
出演/田中麗奈、ワン・ポーチェ、余貴美子ほか

琵琶湖畔にある老舗旅館「明月館」が実家の梨花は5年前に父を亡くし、旅館を一人で切り盛りし続けている母・美津子を支えるため、仕事を辞めて実家に戻ってくる。経営不振の中、美津子の大学時代の恋人であり台湾実業家のチャールズが旅館を買収して、息子ジャッキーを再建のために送り込んだ。しかし「おもてなし」の心を持っていないジャッキーに対して梨花は反発する…。

6/9(土)⇒15(金)ロードショー(1日1回上映)

前売1400円[公開初日前日までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://omotenashi-movie.net/

■恋多き女 デジタル修正版 (1956年/フランス/99分)  
【KINOフライデー・シネマ vol.37】

ジャン・ルノワール
イングリッド・バーグマン、ジャン・マレー、メル・ファーラー、ジャン・リシャール

6/15 (金)1回限りの特別上映

当日料金1800円、学生1400円、KINO会員・シニア・高校生以下1000円
※特別上映作品のため、招待券・パス券などはご利用いただけません。あらかじめご了承下さい。 
http://kac-cinema.jp/koiooki-onna/

 

■いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち 
(2017/イタリア/イタリア語/119分)

監督・原案・脚本/シドニー・シビリア
出演/エドアルド・レオ、ルイジ・ロ・カーショ、ステファノ・フレージ、グレタ・スカラノほか

高学歴で優秀な頭脳を持つ人たちが、能力に見合った職を得ることができず、社会の片隅に追いやられ、その頭脳を使って犯罪に手を染リベンジをはじめたらどんなことになるのか?愉快!爽快!痛快!イタリアン・コメディの金字塔。鬱屈した日常をぶっ飛ばしたい人に贈る-リベンジのチャンスは誰にでもある。

6/16(土)よりロードショー

*『いつだってやめれられる 7人の危ない教授たち』1回限りの特別上映決定!

『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』には前日譚があった。
イタリアで想定外の大ヒットとなった『いつだってやめられる 7人の危ない教授たち』上映決定しました。 >>詳細
 
日 時:6/23(土)1回限りの特別上映 (上映時間は6/19(火)に決まります。)
料 金:当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円

前売1500円[公開初日前日までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルクリアファイル”プレゼント!(先着限定)
http://www.synca.jp/itsudatte/

■男と女、モントーク岬で 
(2017/ドイツ・フランス・アイルランド/英語・仏語/106分)

監督/フォルカー・シュレンドルフ
出演/ステラン・スカルスガルド、ニーナ・ホス

あの日の別れから17年―。かつて愛した人の語られない過去の秘密とは?誰にでも忘れられない恋がある―。ステラン・スカルスガルド×ニーナ・ホス。多彩な顔を持つニューヨークを舞台に国際俳優と実力派スタッフが織りなす、味わい深い人生のアンアンブル。79歳の名匠フォルカー・シュレンドルフがどうしても描きたかった艶やな大人の物語。

6/16(土)よりロードショー

前売1500円[公開初日前日までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://montauk-movie.com/

■サイモン&タダタカシ (2017/日本/83分)

監督・脚本・編集/小田学
出演/阪本一樹、須賀健太、間宮夕貴、井之脇海、田中日奈子、山本圭祐ほか

好きな人が絶対に自分を好きになってくれなかったらどうする?叶わない恋心を抱えながら“運命の女”を探す旅に出る男子高校生の青春ロードムービー。新鋭小田学監督が贈るジャンルレス映画。この度の結末はあなたの予想を超えていく。

6/16(土)⇒22(金)ロードショー(1日1回上映)

前売1400円[公開初日前日までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルポストカードセット”プレゼント!(先着限定)
http://saimon-movie.com/

■人生フルーツ (2016/日本/91分)

監督/伏原健之
プロデューサー/阿武野勝彦
ナレーション/樹木希林

東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾は、建築家夫婦の物語。愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウン、雑木林に囲まれた一軒の平屋に暮らす、建築家の津端修一さんと、妻・英子さん。自分たちで70種の野菜と50種の果実を育て、自給自足に近い生活を営むふたりの暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」(ル・コルビュジエ)。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅がはじまります—。

【第12回】6月18(月) 18:15(終20:10)
当日13:55~受付。入場整理番号をお渡しします。

★伏原健之さん(『人生フルーツ』監督)

★月に1回、今月の『人生フルーツ』


先日最終日を迎えた『人生フルーツ』は皆さまからの熱いアンコールの声をいただきまして、毎月1回だけの限定上映が決まりました。
『人生フルーツ』これからも、どうぞよろしくお願いいたします。>>詳細

当日料金1000円
※特別上映のため、招待券・パス券はご利用いただけません。
http://life-is-fruity.com/

■苦い銭 (2016年/フランス・香港合作/163分)  
【KINOフライデー・シネマ vol.38】

監督/ワン・ビン  

6/22 (金)1回限りの特別上映

当日料金1800円、学生1400円、KINO会員・シニア・高校生以下1000円
※特別上映作品のため、招待券・パス券などはご利用いただけません。あらかじめご了承下さい。 
http://www.moviola.jp/nigai-zeni/index.html

■ラスト・ワルツ (1978/アメリカ/117分) 

監督/マーティン・スコセッシ
出演/ザ・バンド、ボブ・ディラン、エリック・クラプトン、ニール・ヤング ほか
※シアターキノは2K上映です。

1976年11月25日、伝説のライブ会場となったのはサンフランシスコのウィンターランド。ザ・バンドがバックバンドをつとめたこともあるボブ・ディラン、エリック・クラプトンなど、音楽史に大きな足跡を残した偉大なミュージシャンたちが次々と現れ、ザ・バンドと競演。二度と実現不可能な、一夜限りの贅沢で華麗なロック・フェスティバルがスクリーンに甦る。


6/23(土)⇒29(金)ロードーショー (1日1回上映。夜の時間帯で調整中)

当日料金1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
https://lastwaltz.net-broadway.com/

■心と体と (2017/ハンガリー/ハンガリー語/116分)   

監督・脚本/イルディコー・エニェディ
出演/アレクサンドラ・ボルベーイ、ゲーザ・モルチャーニ、レーカ・テンキ   

ハンガリー、ブダペスト。孤独に生きる若い女と人生を諦めた中年男。二人を結びつけたのは“鹿”の夢。幻想と現実が交錯するファンタジックでリアルな愛の物語。2017年ベルリン国際映画祭金熊賞<最高賞>など4冠の快挙、本年度アカデミー賞外国語映画賞にノミネート!東欧の鬼才イルディコー・エニェディ、18年のブランクから鮮やかに復活!

6/23(土)⇒7/6(金)ロードショー(1日2~1回上映)

当日料金1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://www.senlis.co.jp/kokoroto-karadato/

■シューマンズ バー ブック(2017/ドイツ/98分)

製作・監督・脚本/マリーケ・シュレーダー
出演/チャールズ・シューマン、シュテファン・ウェーバー、デイル・デグロフ、ジュリー・ライナー、コリン・フィールド、岸久、上野秀嗣ほか

世界中のバイブルとなった革新的レシピの著者であるレジェンド、チャールズ・シューマン。ミュンヘンで、35年以上不動の人気を誇るトップバーのオーナーであり、バーマンであり、思索する旅人でもある。世界中のバーマンから尊敬を集めている彼は、76歳を超えた今も現役でカウンターに立ち続けている。そんなレジェンドがNY、パリ、ハバナ、東京、いま原点を探す旅にでる。

6/23(土)⇒29(金)ロードショー(1日1回上映)

前売1500円[公開初日前日までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://crest-inter.co.jp/schumanns/ 

■29歳問題 (2017/香港/広東語/111分) 

監督/キーレン・バン
出演/クリッシー・チャウ、ジョイス・チェン、ベビージョン・チョイ、ベン・ヨン

2005年、香港。30歳を目前に控えたクリスティ。勤め先では働きぶりが評価されて昇進、長年付き合っている彼氏もいて、周囲も羨むほどの充実した日々を送っているが。が、実のところ、仕事のプレッシャーはキツいし、彼氏とはすれ違いがち、実家の父親の認知症も気がかりだ。そんなある日、住み慣れたアパートの部屋が家主によって売却され退去を言い渡されてしまう。

6/23(土)⇒29(金)ロードショー (1日1回上映)

当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://29saimondai.com/

■かぞくへ (2016年/日本/117分)  
【KINOフライデー・シネマ vol.39】

春本雄二郎
松浦慎一郎、梅田誠弘、遠藤祐美、森本のぶ  

6/29 (金)1回限りの特別上映

★春本雄二郎監督、主演の梅田誠弘さん来札!トークあり!
当日料金1800円、学生1400円、KINO会員・シニア・高校生以下1000円
※特別上映作品のため、招待券・パス券などはご利用いただけません。あらかじめご了承下さい。
http://kazokue-movie.com/

 

■MIFUNE:THE LAST SAMURAI (2016年/日本/80分) 

スティーヴン・オカザキ
AKIRA
香川京子、司葉子、土屋嘉男、加藤武、八千草薫 ほか

6/30(土)⇒7/6(金)ロードショー (1日1回上映)

当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://mifune-samurai.com/

 

■私はあなたのニグロではない (2016年/アメリカ・フランス・ベルギー・スイス/英語/93分)  

ラウル・ペック
キング牧師、マルコムX、メドガー・エヴァース、シドニー・ポワチエ、ボブ・ディラン、マーロン・ブランド、ジョーン・クロフォード、ロバート・F・ケネディ、バラク・オバマ ほか

6/30(土)⇒7/6(金)ロードショー (1日1回上映)

当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円 
http://www.magichour.co.jp/iamnotyournegro/

 

■野球部員、演劇の舞台に立つ! (2017/日本/102分)  

監督/中山節夫
出演/渡辺佑太朗、川籠石駿平、山田慎覇、柴田杏花、林遣都、宇梶剛士、宮崎美子

福岡県南部の強豪・八女北高校野球部。春の選抜甲子園出場を目指し日夜猛練習に励んでいたが、まさかの敗退にチーム内はギクシャクし始める。そんな折り、エースの望月ら中心選手は突然監督から演劇部に参加するよう命令される。厳しい演劇指導に戸惑う望月たちだったが、あることがきっかけで、先輩たちが経験した哀しい傷跡を知ることに…。



6/30(土)⇒7/6(金)ロードショー(1日1回上映)

当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://yakyubuin-vs-engekibuin.com/

■軍中楽園 (2014/台湾/133分)   

監督・脚本/ニウ・チェンザー
出演/イーサン・ルアン、レジーナ・ワン、チェン・ジェンビン、チェン・イーハン

1969年、中国と台湾が対立していた時代。攻防の最前線だった小さな島に配属された台湾青年兵ルオ・バオタイ。カナヅチであることが判明し「特約茶室」を管理する831部隊で働くことに。そこは「軍中楽園」と呼ばれる娼館だった。どこか影のある女ニーニーと奇妙な友情を育みながらやがて惹かれていくバオタイだったが、彼女が許されぬ「罪」を背負っていると知り…。

6/30(土)⇒7/6(金)ロードショー(1日1回上映) 

当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://gun-to-rakuen.com/

■フジコ・ヘミングの時間  (2018/日本/115分)

監督/小松莊一良
出演/フジコ・ヘミング

コンサートを開けば即完売。チケットがとれないと言われるピアニスト、フジコ・ヘミング。その情感あふれるダイナミックな演奏は多くの人の心をとらえ、北米、南米、ロシアなど世界中からリサイタルのオファーが絶えない。スウェーデン人の父との別離、母からの厳しいレッスン、ハーフへの差別、貧しい留学生活、聴力の喪失など苦難を乗り越え、どんな時も夢を諦めなかった彼女の人間性と音楽を見つめる。


7/7(土)⇒ロードショー

前売1500円[公開初日前日までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
フジコが描いた”パリの猫”オリジナルポストカード
http://fuzjko-movie.com/

■ザ・ビッグハウス (2018/米国・日本/119分)
【シアターキノ26周年記念第4弾】    

監督・製作・編集/想田和弘

ついに想田和弘がアメリカで観察映画を撮った!しかも舞台は、全米最大のアメリカンフットボール・スタジアム、通称“ザ・ビッグハウス”。想田を含めて17人の映画作家たちが廻すキャメラが捉えたダイナミックなプレイ、熱狂する観衆、裏で支えるバックヤードの人々…。それらの映像郡が、想田の大胆かつ緻密なモンタージュによって、まるで巨大な生命体のように機能するスタジアムの全貌を描き出していく。

7/7(土)⇒ロードショー

7/7(土)想田和弘監督トーク! 
http://www.theaterkino.net/?news=news-3471 
前売1500円[公開初日前日までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“ポストカードセット”プレゼント!(先着限定)
http://thebighouse-movie.com/

■港町 (2018/日本・米国/122分)     

監督・製作・撮影・編集/想田和弘

美しく穏やかな内海。小さな海辺の町に漂う、孤独と優しさ。やがて失われてゆくかもしれない、豊かな土地の文化や共同体のかたち。そこで暮らす人々。静に語られる彼らの言葉は、町そのもののモノローグにも、ある時代のエピローグにも聞こえる。比類なき映画体験とドキュメンタリーの驚天動地。

7/7(土)⇒13(金)ロードショー(1日1回上映)

7/7(土)想田和弘監督トーク! 
http://www.theaterkino.net/?news=news-3471 
前売1500円[公開初日前日までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“ポストカードセット”プレゼント!(先着限定)
http://minatomachi-film.com/

■最初で最後のキス (2016年/イタリア/イタリア語/106分) 

イヴァン・コトロネーオ
リマウ・グリッロ・リッツベルガー、ヴァレンティーナ・ロマーニ、レオナルド・パッザッリ、デニス・ファゾーロ、アレッサンドロ・スペルドゥーティ ほか

7/7(土)ロードショー (1日1回上映)

前売1500円[公開初日前日までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルクリアファイル”プレゼント!(先着限定)
http://onekiss-movie.jp/

 

■オンネリとアンネリのおうち (2014年/フィンランド/フィンランド語/80分)

サーラ・カンテル
アーヴァ・メリカント、リリャ・レフト、エイヤ・アフヴォ、ヤッコ・サアリルアマ、ヨハンナ・アフ・シュルテン、エリナ・クニヒティラ ほか

7/7(土)⇒7/20(金)ロードショー (1日1回上映)

前売1500円[公開初日前日までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円 
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルポストカード”プレゼント!(先着限定)
http://www.onnelianneli.com/

 

■泳ぎすぎた夜 (2017年/フランス・日本/79分) 

五十嵐耕平&ダミアン・マニヴェル
古川鳳羅、古川蛍姫、古川知里、古川孝、工藤雄士

7/7(土)⇒13(金)ロードショー (1日1回上映)

当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円 
http://oyogisugitayoru.com/

 

■ブリグズビー・ベア(2017年/アメリカ/英語/97分) 

デイヴ・マッカリー
カイル・ムーニー、マーク・ハミル、グレッグ・キニア、クレア・デインズ ほか

7/14(土)ロードショー (1日1回上映)

当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円 
http://www.brigsbybear.jp/

 

■EVA エヴァ (2017年/フランス/フランス語/102分)  

ブノワ・ジャコー
イザベル・ユペール、ギャスパー・ウリエル ほか

7/14(土)ロードショー (1日1回上映)

当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円 
http://www.finefilms.co.jp/eva/

 

■母という名の女 (2017年/メキシコ/スペイン語/103分) 

ミシェル・フランコ
エマ・スアレス、アナ・バレリア・ベセリル、エンリケ・アリソン、ホアナ・ラレキ、エルナン・メンドーサ ほか

7/21(土)ロードショー (1日1回上映)

前売1500円[公開初日前日までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円 
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルポストカード”プレゼント!(先着限定)
http://hahatoiuna.ayapro.ne.jp/

 

■子どもが教えてくれたこと (2016/フランス/フランス語/80分)      

監督・脚本/アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアン
出演/アンブル、イマド、シャルル、テュデュアル

主人公はアンブル、カミーユ、イマド、シャルル、テュデュアルの5人の子どもたち。彼らに共通するのは、みな病気を患っているということ。治療を続けながらも、彼らは毎日を精一杯生きている。家族とかけがえのないの時間、学校で仲間たちと過ごすひと時。彼らが発する言葉、そして生き方は、観る者を勇気づけ、パワー与えてくれる。

7/28(土)⇒ロードショー

前売1500円[公開初日前日までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルトートバッグ”プレゼント!(先着限定)
http://kodomo-oshiete.com/

■スターリンの葬送狂騒曲 (2017年/イギリス/107分)

アーマンド・イアヌッチ
スティーヴ・ブシェミ、ジェフリー・タンバー、オルガ・キュリレンコ、マイケル・ペイリン ほか

8/3(金)ロードショー

当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円 
http://gaga.ne.jp/stalin/

 

■チェコスロヴァキア・ヌーヴェルヴァーグ 
KINOフライデー・シネマ vol.41】連続上映!


8/17(金)『パーティーと招待客』
  (夜の時間帯で調整中。上映時間は8/7(火)に決まります)
8/24(金)『ひなぎく』
 (夜の時間帯で調整中。上映時間は8/14(火)に決まります)
 8/31(金)『愛の殉教者たち』
 (夜の時間帯で調整中。上映時間は8/21(火)に決まります)

当日一般1500円、学生120円、シニア・高校生以下1000円 
3回券3000円
※特別上映作品のため、招待券・パス券などはご利用いただけません。あらかじめご了承下さい。
★3回券をお求めの方に先着で特製ミニポスタープレゼント!
3回券は6/16(土)より発売開始!
https://cs2017.jimdo.com/
『パーティーと招待客』
(1966年/70分/モノクロ)
監督/ヤン・ニェメツ 
『ひなぎく』
(1966年/75分/カラー)
監督/ヴェラ・ヒティロヴァー
『愛の殉職者たち』
(1966年/73分/モノクロ)
監督/ヤン・ニェメツ

 

■ブレス しあわせの呼吸

アンディー・サーキス
アンドリュー・ガーフィールド、クレア・フォイ、トム・ホランダー、ヒュー・ボネヴィル ほか

9/15(土)ロードショー 

当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://breath-movie.jp/