■ミス・シェパードをお手本に (2015/イギリス/英語/104分)

監督/ニコラス・ハイトナー
出演/マギー・スミス、アレックス・ジェニングス、ジム・ブロードベント

ロンドンのカムデン。誇り高き淑女“ミス・シェパード”は、路上に停めたオンボロの黄色い車で気ままに暮らしていた。ある日、駐車をとがめられている姿を見かけたベネットは、親切心から自宅の駐車場をひとまず避難場所として提供する…それから15年。駐車場に居座り続け、奇妙な共同生活を送るふたりには、不思議な友情が生まれ…。本作は、イギリスを代表する劇作家アラン・ベネットの実体験を元にした驚きの物語。ボロは着てても心は錦!名女優マギー・スミスが贈る英国式シアワセ生活!

12/24(土)⇒1/26(木)

★【12/24(土)初日 先着プレゼント】世界80カ国で愛される英国紅茶アーマッドティー、デカフェ(カフェインレス)の“紅茶とハーブティーが入ったおすすめティーバッグ3種セット”プレゼント!(先着限定/映画を有料でご覧の方のみ)

★『ミス・シェパードをお手本に』公開記念オリジナルセット

キノカフェでは、映画の公開を記念して、『ミス・シェパードをお手本に』オリジナルセットが登場!
*林檎と赤ワインと紅茶のパルフェ+お飲物 ¥1050* (映画をご覧の方は100円引き)
>>詳細  

前売1500円[12/23(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円

★劇場にて前売券をお求めの方に“特製ワゴン型シードペーパー”プレゼント!(先着限定)

http://www.missshepard.net/

■グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状 
(2014/オーストリア/ドイツ語・英語/94分)

第64回 ベルリン国際映画祭 カリガリ賞 受賞
オーストリアDiagonale 編集&撮影賞 受賞


監督・脚本/ヨハネス・ホルツハウゼン
出演/ザビーネ・ハーク

ハプスブルク家の歴代皇帝たちが蒐集した膨大な数の美術品を所蔵し、年間70万人が訪れるウィーン美術史美術館。ハプスブルク家の遺産を守る美術館は、中世からの伝統を継承しつつ、現代の観客に向けて新たな風を吹き込まなくてはいけない。歴史の重圧のなかで、どのようにして現代的で革新的な展示を成功させるのか。創立120年の節目に当たる2012年からスタートした大規模な改装工事に2年以上わたり密着、その知られざる舞台裏に迫る。

1/2(月)⇒1/20(金)
前売1400円[12/30(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルクリアファイル”プレゼント!(先着限定)
http://thegreatmuseum.jp/

■アイヒマンを追え!ナチスがもっとも畏れた男 
(2015/ドイツ/ドイツ語/105分)

ドイツ映画賞 作品賞/監督賞/脚本賞など 最多6部門受賞 
ロカルノ映画祭 観客賞
ドイツ映画批評家協会賞 作品賞


監督/ラース・クラウメ
出演/ブルクハルト・クラウスナー、ロナルト・ツェアフェルト、リリト・シュタンゲンベルク ほか

1960年、世界を震撼させたナチス戦犯アドルフ・アイヒマン拘束。この歴史的捕獲作戦を実現へと導いた陰のヒーローがいた。その男の名はフリッツ・バウアー検事長。歴史上極めて重要なこの人物は、いかにして消息不明のアイヒマンを発見し、追いつめていったのか―。彼の死後長らく封印されていた事実が半世紀を経て初めて明らかにされる。正義と信念を貫いた孤高の検事の物語、そして<極秘作戦>の裏側を濃密かつサスペンスフルなタッチで描く。

1/7(土)よりロードショー
前売1500円[1/6(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://eichmann-vs-bauer.com/

■ヒッチコック/トリュフォー (2015/アメリカ、フランス/英語、仏語、日本語/80分)

監督/ケント・ジョーンズ
出演/マーティン・スコセッシ、デビッド・フィンチャー、アルノー・デプレシャン、黒沢清、ウェス・アンダーソン ほか

1962年、トリュフォーが、敬愛する監督ヒッチコックに送った手紙によって実現した映画史に残る歴史的インタビュー。その内容を収録した「映画術 ヒッチコック/トリュフォー」は世界中のクリエイターたちの教科書となった。本作は、その貴重な音源とその後20年にわたるふたりの友情を感動的に映し出す。さらに、マーティン・スコセッシをはじめ、錚々たる現代の10名の監督たちが独自の視点でヒッチコック映画を解説。現代へと脈々と受け継がれる、“ヒッチコックの映画術”とは。

1/14(土)⇒1/27(金) ロードショー(1日1回上映)
前売1500円[1/13(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方は“オリジナルポストカード”プレゼント!(先着限定)
http://hitchcocktruffaut-movie.com/

■ミルピエ~パリ・オペラ座に挑んだ男~ (2015/フランス/110分)

監督/ティエリー・デメジエール、アルバン・トゥルレー
出演/バンジャマン・ミルピエ(映画『ブラック・スワン』振り付け・出演)、レオノール・ポーラック、ユーゴ・マルシャン ほか

世界最高峰の芸術を提供し続けるバレエの殿堂“パリ・オペラ座”。300年の歴史の中、史上最年少で次期芸術監督に抜擢されたのは、映画『ブラック・スワン』の振付師であり、女優ナタリー・ポートマンの夫として知られるバンジャマン・ミルピエだった。本作は、ミルピエが芸術監督として手掛ける新作完成までの40日間に密着、貴重なバックステージをスタイリッシュかつ圧巻の映像美で描く。若き異端児が伝統と革新を激しくぶつけ、次世代を担う若手バレエダンサーたちと挑む、オペラ座の新たなる歴史の1ページ。

 1/14(土)より 新春特別ロードショー!
前売1500円[1/13(金)までの発売]
当日料金1800円均一
※【ご注意】 特別興行のため、全国一律の料金です。各種割引などの特典、サービスデー割引はございません。また、招待券・パス券などもご利用いただけません。
●KINO会員の方は、会員証ご提示で1500円(但し、特別興行のため、同伴割引はありません予めご了承下さい)
★劇場にて前売券をお求めの方に“ポストカードセット”プレゼント!(先着限定)
http://www.transformer.co.jp/m/millepied/

■アイ・インザ・スカイ 世界一安全な戦場
(2015/イギリス/英語・ソマリ語/102分)

監督/ギャヴィン・フッド(『ウルヴァリン:X-MENZERO』)
プロデュース/コリン・ファース
出演/ヘレン・ミレン、アーロン・ポール、アラン・リックマン

全米のメディアが絶賛、ドローン兵器を使った現代の戦争の世界を描いた衝撃の軍事サスペンス。ナイロビ上空6000mを飛ぶ無人偵察機ドローンを使い、イギリス軍の諜報機関のキャサリン・パウエル大佐は、国防相のベンソン中尉と協力して、英米合同軍事作戦を遠く離れたロンドンから指揮している。80人を巻き込む大規模な自爆テロの計画をつきとめ、ドローンでの攻撃命令を出すが、殺傷圏内に幼い少女がいることがわかる。キャサリンは少女を犠牲にしてもテロリスト殺害を優先しようとするが…。

1/14(土)よりロードショー
前売1500円[1/13(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://eyesky.jp/

■聖杯たちの騎士 (2015/アメリカ/英語・セルビア語・ドイツ語/118分)

監督・脚本/テレンス・マリック(『シン・レッド・ライン』『ツリー・オブ・ライフ』)
出演/クリスチャン・ベイル、ケイト・ブランシェット、ナタリー・ポートマン、イモージェン・プーツ、フリーダ・ピント ほか

成功への階段を駆け上がるも、富と引き換えに自分を見失っていく脚本家が巡り会う、6人の美しい女たち。彼女たちが導く先にあるものとは—?巨匠テレンス・マリック監督が、豪華俳優陣を迎えて描く、壮大なる愛の旅。撮影監督は、『レヴェナント:蘇りし者』で3年連続アカデミー賞受賞を成し遂げたエマニュエル・ルベツキ。空と大地と水、そして人間そのものにダイブするようなカメラワークで、人生の壮大さと美しさを切り取る。まさに奇跡のような映像体験!

1/14(土)より ロードショー
前売1400円[1/13(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルクリアファイル”プレゼント!(先着限定)
http://seihai-kishi.jp/

■怒り (2016/日本/142分)

第41回トロント国際映画祭 正式出品作品
第64回サン・セバスティアン国際映画祭


監督・脚本/李相日
原作/吉田修一(中央公論新社刊)
出演/渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮﨑あおい、妻夫木聡 ほか

原作・吉田修一 × 監督・李相日、『悪人』に続く最強コンビが放つ、骨太・衝撃・感動のヒューマンミステリー2017年、再び!!東京・八王子で起こった凄惨な夫婦殺人事件。現場には「怒」の血文字が残されていた。―そして1年、犯人は整形し逃亡を続けていた。殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開、その顔は出会った男に似ていた…。千葉・東京・沖縄を舞台にそれぞれの物語が紡がれていく。愛した人は、殺人犯だったのか?それでも、あなたを信じたい。そう願う私に突きつけられる結末とは。<PG12>

1/20(金)⇒1/26(木) ロードショー(1日1回上映)
★1/20(金)は上映後、李相日監督のトークあり!

★1/20(金) 『怒り』李相日監督トーク&上映 決定!!

日 時:1/20(金) 19:10〜(終了予定22:00/予告なし)
ゲスト:李相日監督(上映後にゲストトーク)
料 金:入場整理番号付チケット1500円[KINO会員は会員証ご提示で1000円]
*シアターキノにてチケット発売中!
(お席分のチケットが売切れましたら、当日券の発売はありません) 

>>詳細

★1/21(土)李相日監督、上映後にご挨拶急遽決定!!

日 時:1/21(土) 9:35〜(上映後にご挨拶/予告なしスタート)
ゲスト:李相日監督(4〜5分程度ご挨拶の予定)
料 金:当日料金1200円、シニア・高校生以下1000円

当日券のみ。1/21(土)AM9:20〜受付いたします。
※ビンテージ手帳ご利用いただけます。
※招待券・パス券などはご利用いただけません。

当日料金1200円、シニア・高校生以下1000円
http://www.ikari-movie.com/

■アラビアの女王 愛と宿命の日々 (2015/アメリカ・モロッコ合作/128分)

第65回 ベルリン映画祭 コンペティション部門出品

監督・脚本/ベルナー・ヘルツォーク
出演/ニコール・キッドマン、ジェームズ・フランコ、ダミアン・ルイス、ロバート・パティンソン

もうひとりの『アラビアのロレンス』と言われた実在の人物、イギリス人女性ガートルード・ベルの壮大な物語―。20世紀初頭、イギリスの裕福な家庭に生まれ、オックスフォード大学を卒業したベルは上流階級の生活に別れを告げて、アラビアへと旅立つ。自由なトラベラーであり、考古学者であり、諜報員となったベルは、やがて“イラク建国の母”と呼ばれるほどにアラビアの地に根付いていく。望んでも叶わない2度の非愛、アラビアのロレンスとの出会い。そして、時代は大きく転換しようとしていた…。

1/21(土)よりロードショー
前売1400円[1/20(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナル一筆箋”プレゼント!(先着限定)
http://gaga.ne.jp/arabia/

■未来を花束にして (2015/イギリス/英語/106分)

監督/サラ・ガヴロン
出演/キャリー・マリガン、ヘレナ・ボナム=カーター、ベン・ウィショー、メリル・ストリープ

ひとりの平凡な母親が参政権運動の中に見出したもの、それは未来への“希望”だった―。女性には投票権も親権さえも認められていなかった1912年のイギリス。ロンドンでは女性による参政権運動が先鋭化していた。夫と息子の3人で慎ましく暮らす、洗濯工場勤めのモードは、7歳から過酷な労働に従事しており、あるとき初めての疑問が生じる。“別の生き方があるのではないか?”。愛する我が子には自分と異なる人生を歩んで欲しい。その一心で、モードは声を上げるが…。実話を元に描く、勇気ある女性たちの物語。

1/27(金)より ロードショー
前売1500円[1/26(木)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://mirai-hanataba.com/

■皆さま、ごきげんよう (2015/フランス=ジョージア/121分)

2015年 リスボン&エストリル映画祭 審査員特別賞
2015年 ロカルノ国際映画祭 コンペティション部門 正式出品
2015年 ウラジオストック国際映画祭 クロージング作品


監督・脚本・編集・出演/オタール・イオセリアーニ(『月曜日に乾杯!』『ここに幸あり』)
出演/リュファス、アミラン・アミラナシュヴィリ、ピエール・エテックス、マチュー・アマルリック ほか

パリに暮らす、アパートの管理人にして武器商人の男と、骸骨集めが大好きな人類学者。悪友同士のふたりと、彼らを取り巻くユニークな住人たち。ある日、街の緊急事態にみんなで立ち上がるが…。フランス革命の時代、どこかの戦場、現代のパリ。時代が違っても変わることなく繰り返される人間の営み。混沌とする社会の不条理を、反骨精神たっぷりのユーモアでノンシャランと笑い飛ばす、人生の達人オタール・イオセリアーニ監督が81歳にして軽やかに謳い上げる人生讃歌!

1/28(土)⇒2/10(金) ロードショー(1日1回上映)
前売1500円[1/27(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://www.bitters.co.jp/gokigenyou/

■神聖なる一族 24人の娘たち (2012/ロシア/106分)

第7回ローマ映画祭 正式出品
ロシア映画研究者・批評家ギルド2014 最優秀作品賞受賞


監督/アレクセイ・フェドルチェンコ
原案・脚本/デニス・オーキソン

A.タルコフスキー、A.ソクーロフ、A.ゲルマンに続く、新たなロシアの鬼才、アレクセイ・フェドルチェンコ監督作、遂に日本公開!500年もの間、ヴォルガ河畔で独自の言語と文化を保ってきたMari(マリ)人たち。彼らはロシア連邦の中で際立って特異な民族で、どこにもない宗教や世界観を持ち、彼らの間には今も様々なフォークロアが息づいている。本作は、マリの女性たちにまつわる説話を映画化。ロシア版「遠野物語」や「アイヌ民話」の様な、優しくて哀しい不思議な世界が広がる。

【KINOフライデーシネマ】2/3(金) 1回限りの特別上映!
(夜の時間帯で調整中)
★KINOフライデーシネマ>>詳細  
当日料金1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://24musume-movie.net/

■天使にショパンの歌声を (2015/カナダ/103分)

第18回 ケベック映画賞 最多6部門受賞(作品賞/監督賞/主演女優賞/助演女優賞/衣裳賞/ヘアスタイリング賞)

監督/レア・プール(『翼をください』『天国の青い蝶』)
出演/セリーヌ・ボニアー、ライサンダー・メナード ほか

繊細かつ温かな人間ドラマの名手として知られ、カナダを代表する映像作家レア・プールが、音楽の力を信じて自分たちの人生を切り開こうとする女性たちを描く感動作。1960年代、財政難から閉鎖の危機に直面しているカナダのケベックに佇む小さな寄宿学校。校長のオーギュスティーヌは音楽の力で世論を味方につけようと、音楽イベントの開催を計画。そんな中、ピアニストとしての天性の才能をもつアリスが転校してくるが、孤独で心を閉ざしたアリスは、誰の言うことも聞かず問題ばかり起こし…。<PG12>

2/4(土)よりロードショー
前売1400円[2/3(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オーデミニム ハンドクリーム”プレゼント!(先着限定)
http://tenshi-chopin.jp/

■湾生回家(わんせいかいか) (2015/台湾/111分)

台湾アカデミー賞「金馬奨」最優秀ドキュメンタリー作品 ノミネート      
大阪アジアン映画祭2016 オープニング上映 観客賞受賞


監督/ホァン・ミンチェン
出演/冨永勝、家倉多恵子、清水一也、松本洽盛、竹中信子、片山清子 ほか

「敗戦後、この日本に戻っても、いつも心は台湾にあったー。」“湾生”とは、1945年までの50年間、日本統治下の台湾で生まれ育った約20万人の日本人を指す言葉。敗戦によって台湾から未知の祖国・日本に強制送還された湾生たちにとって、台湾は紛れもなく大切な「故郷」だった。本作は、そんな湾生たちの望郷の念をすくい取る。自分たちの存在が歴史の闇に埋もれ、忘れ去られようとしているなか、台湾への深い思いを語り続ける。2015年の全アジアで話題となった傑作ドキュメンタリー!

2/4(土)⇒2/10(金) ロードショー(1日1回上映)
前売1500円[2/3(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://www.wansei.com/

■たかが世界の終わり(2016/カナダ・フランス/英語/99分)

第69回 カンヌ国際映画祭グランプリ受賞! 
アカデミー賞 外国語映画賞 <カナダ代表>


監督・脚本/グザヴィエ・ドラン
出演/ギャスパー・ウリエル、レア・セドゥ、マリオン・コティヤール、ヴァンサン・カッセル、ナタリー・バイ

「分かり合うのは難しいけど、いつかきっと届くはず―」。世界のカルチャーシーンに閃光を放ち続ける美しき天才グザヴィエ・ドラン待望の最新作は、愛しているのに傷つけ合う<ある家族の1日>を切り撮る。「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気作家のルイ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイだったが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる。<PG12>

2/11(土)よりロードショー!
前売1500円[2/10(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“グザヴィエ・ドラン メイキング フォトカード(3枚セット)”プレゼント!(先着限定)
http://gaga.ne.jp/sekainoowari-xdolan/

■TOMORROW パーマネントライフを探して (2015/フランス/英語・仏語/120分)

2016年 セザール賞ベストドキュメンタリー賞受賞

監督/シリル・ディオン、メラニー・ロラン
出演/シリル・ディオン、メラニー・ロラン、ロブ・ホプキンス、ヴァンダナ・シルヴァ ほか

シンプルなライフスタイルがお手本のフランスで記録的な大ヒット!未来につづく、幸せに暮らすためのヒントを探す驚きのドキュメンタリー。2012年、学術雑誌「ネイチャー」に、私たちが今のライフスタイルを続ければ、人類は滅亡するという論文が発表され世界に衝撃が走った。子供を持つ母でもある女優・監督のメラニー・ロランは解決策を求めて、フード、エネルギー、マネー、教育の今を巡る旅に出た。“新しい暮らしを始めている人々”との驚きの出会い、世界とつながりをシェアしながら、新しいライフスタイルが見えてくる―。

2/11(土)より ロードショー
前売1500円[2/10(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルバッジ”プレゼント!(先着限定)
http://www.cetera.co.jp/tomorrow/

■人生フルーツ (2016/日本/91分)

監督/伏原健之
プロデューサー/阿武野勝彦
ナレーション/樹木希林

東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾は、建築家夫婦の物語。愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウン、雑木林に囲まれた一軒の平屋に暮らす、建築家の津端修一さんと、妻・英子さん。自分たちで70種の野菜と50種の果実を育て、自給自足に近い生活を営むふたりの暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」(ル・コルビュジエ)。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅がはじまります—。

2/11(土)⇒2/17(金) ロードショー(1日1回上映)
当日料金1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://life-is-fruity.com/

■エゴン・シーレ 死と乙女(2016/オーストリア・ルクセンブルク/ドイツ語/109分)

2016年 セザール賞ベストドキュメンタリー賞受賞

監督/ディーター・ベルナー
出演/ノア・サーベトラ、マレシ・リーグナー、フェレリエ・ペヒナー ほか

クリムトと並び世紀末ウィーン美術史に燦然と輝くエゴン・シーレの知られざる生涯。エロスとパッションを描き、28年の生涯を駆け抜けた天才画家、没後約100年のいま、名画「死と乙女」に秘められた愛の物語が明かされるー。1910年、美術アカデミーを退学したシーレは、さまざまな作品を発表し頭角を現していた。やがて、敬愛するクリムトから赤毛のモデル・ヴァリを紹介され、幼児性愛者と誹謗中傷を浴びながらも、数多くの名画を発表、時代の寵児へとのし上がっていく。しかし、第一次世界大戦が勃発し…。<R15+>

2/18(土)よりロードショー
前売1500円[2/17(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルクリアファイル”プレゼント!(先着限定)
http://egonschiele-movie.com/

■ショコラ 君がいて、僕がいる (2015/フランス/119分)

監督/ロシュディ・ゼム
出演/オマール・シー(『最強のふたり』)、ジェームス・ティエレ、クロチルド・エム、オリヴィエ・グルメ ほか

“笑い”で歴史を変えた男たちがいた!映画の祖・リュミエール兄弟の映画にも出演した伝説の芸人「フティット&ショコラ」の人生を描いた感動の実話!20世紀初頭のフランスで、白人芸人フティットと黒人芸人ショコラによるかつてないコンビがサーカスで人気を集めていた。ふたりはさらなる人気を得て一世を風靡するが、人種差別の根は深く…。ショコラ没後100年、映画となって甦ったふたりのコンビ愛が私たちをあたたかく包み込んでくれる。<PG12>

2/18(土)より ロードショー
前売1500円[2/17(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“動く!?ショコラとフティットのぱらぱら漫画付きネタ帳”プレゼント!(先着限定)
http://chocolat-movie.jp/

■島々清しゃ(しまじまかいしゃ) (2016/日本/100分)

監督/新藤風
出演/伊藤蒼、安藤サクラ、金城実、山田真歩、渋川清彦 ほか

故・新藤兼人監督の血を受け継ぐ新藤風監督の11年ぶりの新作は、沖縄を代表する作曲家・普久原恒勇の名曲で本作のタイトルにもなっている「島々清しゃ」が繋ぐ人と人との絆の物語。那覇市から西に約40kmに位置する慶良間諸島。耳が良すぎることにコンプレックスをもっている小学生のうみは、三線の名手であるおじいと二人で暮らしていた。ある夏の日、ヴァイオリニストの祐子との出会いをきっかけに、うみはフルートを練習し、吹奏楽部に参加することで、少しずつ頑なに閉ざしていた自分自身を解放していき…。

2/25(土)より ロードショー
前売1400円[2/24(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルノート”プレゼント!(先着限定)
http://www.shimajima-kaisha.com/

■<監督生誕75周年記念企画>
ユーリー・ノルシュテイン監督特集上映「アニメーションの神様、その美しき世界」

切り絵を用いた緻密な作風で知られ、“アート・アニメーションの神様”として、日本の宮崎駿・高畑勲をはじめ、世界中のアニメーターからリスペクトされる、ロシア人アニメーター、ユーリー・ノルシュテイン。本特集上映では、監督生誕75周年を記念して、その代表的な監督作を世界初となるHD画質のデジタルリマスター(2K修復版)にて上映。映像、音声共にかつてない美しさで蘇った、世界アニメーション史に輝く傑作群。これまでノルシュテイン作品に触れたことのない方も、ぜひ、この機会に素晴らしいアニメをお楽しみください。

2/25(土)⇒3/10(金) ロードショー(1日1回上映)
前売1300円[2/24(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円

★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルクリアファイル”プレゼント!(先着限定)

■『25日・最初の日』(1968年/9分)
■『ケルジェネツの戦い』 (1971年/10分)
■『キツネとウサギ』 (1973年/12分)
■『アオサギとツル』 (1974年/10分)
■『霧の中のハリネズミ』 (1975年/10分) 
★1976年全ソ連映画祭 最優秀賞受賞 ほか
■『話の話』 (1979年/29分) 
★1980年ザグレブ国際映画祭最優秀賞受賞 ほか /
1984年映画芸術アカデミーとASIFAが共催した国際アンケートで「歴史上、世界最高のアニメーション映画」として認定
http://www.imagica-bs.com/norshteyn/

■トッド・ソロンズの子犬物語 (2015/アメリカ/88分)

2016年 サンダンス映画祭 正式招待作品

監督・脚本/トッド・ソロンズ
出演/ダニー・デヴィート、ジュリー・デルピー、キーラン・カルキン、エレン・
バースティン、グレタ・ガーウィグ

やっぱりトッド・ソロンズだった…。観る者に爆笑と気まずい気分を提供してきた鬼才トッド・ソロンズ監督最新作は、可愛いダックスフントと冴えない飼い主たちがおくる、ブラックコメディ。病弱な子どもとその家族に引き取られるダックスフントだが、無邪気に問題ばかりをおこし、たちまち多くの人々の手に渡ることになる。崖っぷちの脚本家、偏屈なおばあさんとその孫娘、心優しい獣医の助手…。アメリカ中をあちこちさまよい、最後は笑っていいのかわからない、トラウマ級の衝撃のラストが。

3/4(土)よりロードショー
前売1400円[3/3(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルトートバッグ”プレゼント!(先着限定)
http://koinu-story.jp/

■太陽の下で -真実の北朝鮮- 
(2015/チェコ=ロシア=ドイツ=ラトビア=北朝鮮合作/110分))

香港国際映画祭 審査員賞 受賞
サンフランシスコ国際映画祭 最優秀ドキュメンタリー賞 ノミネート


監督・脚本/ヴィタリー・マンスキー
出演/リ・ジンミ

私たちが見ていた北朝鮮は、「演出」された姿だった!北朝鮮の“庶民の日常生活”を知るため、二年間にわたる北朝鮮政府との撮影交渉の末、平壌の一般家庭に一年間密着撮影することになったマンスキー監督。ところが、ドキュメンタリーの撮影とは名ばかりで、“北朝鮮側の監督”のOKが出るまで一家は繰り返し演技させられ、すべては北朝鮮が理想の家族のイメージを作り上げるために仕組まれたものだった。疑問に感じたスタッフは、撮影の目的を“真実を暴く”ことに切りかえ隠し撮りを敢行するが…。

3/4(土)⇒3/10(金)ロードショー (1日1回上映)
http://taiyouno-shitade.com/

■The NET 網に囚われた男 (2016/韓国/112分)

製作・監督・脚本・撮影/キム・ギドク
出演/リュ・スンボム、イ・ウォングン、キム・ヨンミン、イ・ウヌ ほか

北朝鮮の漁師ナム・チョルは、いつものように舟で漁にでるが、網がエンジンに絡まり韓国側に流されてしまう。一日も早く妻子の元に戻るだけが望みだった彼は、韓国警察からの過酷な拷問と亡命の強要に耐えるのだったが…。一人の男の運命を通して見えてくるのは、国家と個人という枠を超えて、常に弱者が犠牲を強いられ切り捨てられる現代社会の矛盾と闇。世界三大映画祭を制し、あらゆるタブーを描いてきた鬼才キム・ギドクが、バイオレンスを封印して南北の分断をテーマに挑んだ衝撃作。

3/4(土)⇒3/10(金)ロードショー(1日1回上映)
当日料金1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://www.thenet-ami.com/

■ボヤージュ・オブ・タイム (2016/フランス・ドイツ・アメリカ/90分)

監督/テレンス・マリック(『シン・レッド・ライン』『ツリー・オブ・ライフ』)
語り/ケイト・ブランシェット(『キャロル』)

3/10(金)より ロードショー
http://gaga.ne.jp/voyage/

■<シアターキノ25周年記念作品 第1弾> ヨーヨー・マと旅するシルクロード
(2015/アメリカ/95分)  

監督/モーガン・ネビル
出演/ヨーヨー・マ、ジョン・ウィリアムズ、タン・ドゥン

3/11(土)より ロードショー

■わたしはダニエル・ブレイク (2016/イギリス、フランス、ベルギー/英語/100分)

2016年 カンヌ国際映画祭 パルムドール(最高賞)受賞!

監督/ケン・ローチ(『麦の穂をゆらす風』『天使の分け前』)
出演/デイブ・ジョーンズ、ヘイリー・スクワイアーズ

イギリスで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病におそわれ医師から働くことを止められる。国の援助を受けようとするが、複雑に入り組んだ制度に押しつぶされそうになる。そんな中、シングルマザーのケイティと出会い…。名匠ケン・ローチ監督が、前作の引退宣言を撤回してまで、<今、だからこそ>全世界に伝えたいメッセージ。80歳にして、2度目のパルムドール(最高賞)を獲得した、涙と感動の最高傑作!人生は変えられる。隣の誰かを助けるだけで―。

3/18(土)よりロードショー
前売1500円[3/17(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルポストカード”プレゼント!(先着限定)
http://danielblake.jp/

■マン・ダウン 戦士の約束 (2015/アメリカ/91分)

監督/ディート・モンティエル
出演/シャイア・ラブーフ、ジェイ・コートニー、ケイト・マーラ、ゲイリー・オールドマン

 3/18(土)より ロードショー
前売1500円[3/17(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルクリアファイル”プレゼント!(先着限定)
http://mandown-movie.com/

■雨の日は会えない、晴れた日は君を想う (2015/アメリカ/101分)

監督/ジャン=マルク・ヴァレ(『ダラス・バイヤーズクラブ』『わたしに会うまでの1600キロ』)
出演/ジェイク・ギレンホール、ナオミ・ワッツ、クリス・クーパー、ジューダ・ルイス

3/25(土)よりロードショー
前売1400円[3/24(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルポストカード”プレゼント!(先着限定)
http://ame-hare-movie.jp/